D.I.Y.

自分たちでDIYして作るお店作り~すのこベッド~

小上がり的な施術スぺースが欲しい

ゆっきー

こんちは。ゆっきーです。今日は施術スペースのDIYについて書きます

バンちゃん

すのこベッドをDIYしたい方の参考にもなると思うワン!

 

現在、人吉のタイ古式リラクゼーションサロン・トゥルシーではオープンに向けて、

【できる限り自分たちでおしゃれに、だれでもマネできるような店づくり】

をモットーに、DIYでお店作りを頑張っています(;^_^A

 

まずは一番最初に手をつけたのは、木材で施術スペースを作ることでした。

タイ古式はマットを使って施術をするので、フローリングでも畳でも、マットを敷きさえすればできちゃいます。

でも、私が以前働いていたサロンでは少し段差があって、そこにマットを敷いていました。

それまでは土足で移動して、段差に上がる前に靴を脱いでマットに寝転んでもらう。

私はその空間が理想だったので、この一段上がってマットを敷くために、施術スペースを組むことにしました。

イメージでは小上がり的な感じ?

 

ツーバイ材でつくるユーロパレット風小上がり

調達した木材はすべてツーバイです。

まず最初に木材をカットせずに大き目の土台を作りました。

★材料

  • 2×4材の8F(243㎝くらい)×4本
  • 2×6材の6F(183㎝くらい)×14本

2×4材の8Fの幅が細い方を上にして、等間隔になるように4本並べる。

そのうえから、横に2×6材の6Fを14枚並べる。

板と板の間が4㎝程度空きますので、幅をもう少し縮めたい場合は、6Fの木材を買い足せばOK!というイメージ。

オシャンティーに言うと「ユーロパレット」風。

わかりやすくいうと「すのこ」です。笑

高さのあるすのこを作るわけです。すのこベッドみたいなものです。

まずはこの設計で人が2人乗っても余裕なのか、たわみ率などの計算は以下のサイトで試してみました。

人が乗ったり、重いものを乗せるものを作る際は設計する前に計算してみると安心だと思います。

 

 

1、やすりがけ

ツーバイ材はささくれがあったり、傷があったあり、ザラザラしていたのですべてやすりがけをしました。

紙やすりの荒目でこすったあとに細目でさらにこすって仕上げると、サラサラな肌触りになった~(*’ω’*)

しかし、すべての木材を紙やすりで頑張ったのでかなり腕が疲れました…。

時間も相当かかりましたよ~( ノД`)シクシク…

お金に余裕があれば、電動サンダーを買ったほうが時間短縮にもなるし、疲れないで済むと思います。

 

2、組み立てる

ビスをひたすら打ち込む

 

前述したイメージ通りに、2×4材の8Fの幅が細い方を上にして、等間隔になるように4本並べる。

そのうえから、横にした2×6材の6Fを4㎝程度の空きで等間隔に14枚並べる。

大量にビスを打ち込まなければならないので、お父様に電動ドライバーを借りました。

電動ドライバーで穴をあけたあと、ビスを打ち込みます。総数112本!!

電動ドライバーがなかったら1日じゃ終わらなかったはず。お父様ありがとうございます(´;ω;`)

 

3、塗装で劇的ビフォーアフター

 

ビンテージワックスで塗装

 

塗装に使用したのはコチラです。

国産のえごま油を使用、植物油がベースのオイルワックス。

無塗装の木材に布を使ってなじませていくと、じわ~っと木目を生かした色になります。

そのままの色より濃く温かみのある色にしたかったのでチークを購入。

ビンテージワックスをすべての木材に布でぬりぬり。

ひたすら伸ばしていきました。

この作業も非常に疲れるし時間もかかる!

乾燥に24時間必要と記載があったので、丸一日放置しました。

塗装ビフォーアフター

 

上に置いた木材が塗装前、下が塗装後です。

なんということでしょう。

木材にしっかりとオイルの色が染み込んでいていてナチュラルな仕上がり。

濃いめの色だったらどうなってたんだろう。ちょっと試してみたくなりますね。

 

4、ひとまず完成!

ビンテージワックスを塗って丸一日放置したら完成したお姿がこちらです。

すのこベッド土台完成~

 

大き目の男性でも広々使えそうな施術スペースが完成しました!(*´ω`*)

さらに施術スペースを広げるために、もう1台作りました。

もう1台の施術スペースの土台は横幅130㎝にカットしてもらい、幅は小さめサイズです(^ω^)

材料は最初に作った木材と同じですが、縦に敷く8Fの木材は、横幅が狭くなった分1本減らしました。

施術スペースができてめちゃくちゃテンションあがりました♡

自分が普段寝る敷布団の下に敷いて、すのこベッドみたいにして使いたいくらいいい感じだと思います!

使った金額まとめ!

今回使った金額は…(施術スペース2台分)

購入した材料 個数 金額(税込)
2×4材(8F) \5,013
2×6材(6F) 28 \26,860
ビス(木用57mm) 1ケース \440
やすり(粗目・細目) 各1 \212
ビンテージワックス \2,138
合計金額  ¥34,557

 

 

34,557円でした~!

思ってたよりも高くついたな~。正直3万以内で抑えたかったです。

2台分でこの金額。2台分でだいたい4畳半くらいの広さです。

 

木材は1つのお店では揃えられなかったので、いくつかのホームセンターをはしごして買い漁りました。

さらに車で運べないサイズだったため、ホームセンターで買っては貸出トラックで運び出し、非常に時間も、手間もかかりました。

大量に木材を購入する場合は自宅まで運んでくれるネットショップを頼ったほうがいいんじゃないかな。と思います。

 

組み立てから完成までかかった時間は合計で4日間くらい(;^_^A

やすりがけが一番つらかったよ~。

電動サンダーが欲しかったよ~。

DIYって大変だけど、オリジナルのサイズで作れるし、好きな色に塗装できるし、なにより完成した後の達成感がハンパないです!!!!

既製品のほうが安く済んだんじゃないかって思う場合もあるんですがね。笑

 

【自分たちだけで、おしゃれに、だれでもマネできるような店づくり】をモットーに、さらに色々お店作りを頑張っていきますね(*’ω’*)ノシ

ゆっきー

一日でも早く皆さんにご利用いただけるように頑張りま~す!